魚を見ながら釣ってみては! | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

魚を見ながら釣ってみては!

私は小さい頃から釣りが好きだったのですが、田舎のお祖父さんの家に遊びに行き渓流釣りをしていた時などは、よく「見える魚は釣れないぞ」と教えて貰っていたのですが、実はその言葉は迷信で見える魚も実は釣れるのです。

私はこの釣り方を「潜り釣り」と呼んでいるのですが、この釣り方を思いついたのはテレビでスキューバダイビングをしている方が、自然界の魚に餌付けしているシーンを見た時に考えつき、実際に西伊豆に行き試してみたところ、カサゴが面白いように釣れたのでした。

仕掛けは至って簡単で、基本的にはブラクリ仕掛けを使うのですが、竿を使うのであれば本当に短いのをチョイスして下さい(壊れた竿の穂先から50センチだけで十分です)。

竿を使わなくても全く問題ありませんので、糸にブラクリの2号から5号をセットし、餌(イカの短冊やイソメ等)を付ければOKです。
この仕掛けを持ちながら海に潜り(浅い岩場等であればシュノーケルでもOK)、岩や障害物等のストラクチャーを見つけたら、その魚のいそうなポイントに仕掛けを落としていきます。

そして簡単なアクションを加えながら、少しづつ仕掛けを上にあげてきます。
そうすると魚が居る場合は魚が餌(仕掛け)を追いかけて来ますので、後は魚が食いついた瞬間にアワセればOKです。

ちなみに残念ながら、中層をただ泳いでいる魚は釣る事は難しいので諦めて下さい。

カサゴ等の根魚は、干潮時に水深が30センチにしか満たないような浅い場所にも結構いますので、夏場の熱い時期等に海水浴と合わせながら是非チャレンジしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする