私のアジの美味しい調理 | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

私のアジの美味しい調理

只今五月のため今回は旬の魚のアジの美味しい調理方法を紹介します。

今アジは旬のです。
大きいアジはもちろん、小さいアジも脂がのっていて大変美味いのです。

刺身はもちろん、南蛮漬けに唐揚げに塩焼きにいろんな調理方法があって、まさに日本人の食生活になじみの深い魚であるのです。

私個人的には小さいアジの方が食べやすいからすきですね。
だから波止でもサビキ釣りが定番です。
何故なら唐揚げにするにしても南蛮漬けにするにしても、非常に食べやすいからなんですわ。
特に南蛮漬けなんかよいですね。

でも小さいアジはたくさん釣ったらたくさん捌いたりしないといけんから大変なんです。
いわゆる (ゼイゴ)と呼ばれる部分をとるのが面倒くさいんです。
削ぎ取るときに失敗すると自分の指を切っちゃいますからね。

やっぱり美味しく食べるには刺身です。
脂がのっていると何匹でも食べられるし毎日でも食べられるのです。
しかしさすがに3日、4日続くとキツイのでそんな時はなめろうにします。
もしくは団子にして吸い物にします。

なめろうは刺身状にしてから、それとは別に生姜に青しそにネギを準備します。
それと味噌を足します。
少し酒を加えて全部混ぜて包丁で叩きます。そしたら完成です。
少しのアジで量が増して酒のあてには最高です。

あと開いて塩を振って一晩ねかしたら一夜干しもできます。

ここに書いたのはあくまで私の個人的に好きな調理方法です。
みなさん、旬のアジを美味しいときにドンドン食べましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする