凍った湖でワカサギの穴釣り | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

凍った湖でワカサギの穴釣り

結氷した湖に穴を空けてワカサギを釣ります。

長野県では、諏訪湖や飯綱東高原の霊仙寺湖などで穴釣りをすることが出来ますが、暖冬の影響で穴釣りが出来ない年もあります。

私は以前に諏訪湖で穴釣りをしました。
穴釣りは大きなスクリューで氷に穴を開け、そこから釣り糸を垂らして釣る方法です。
スクリューは持っていなかったのですが、シーズンになると大体誰かの前日の開け穴があります。
これはハンマーとタガネなどがあれば、簡単にもう一度開けることが出来ますのでそこを利用します。

そもそも、穴が開いている場所は釣りのポイントを知っている人が開けていますので、群れが回遊する場所なのです。
後は簡単な竿と仕掛けのセットで棚を探して釣りをするだけです。

釣ったワカサギは天ぷらやから揚げが美味しいです。

湖の上は遮蔽物が何もありませんので、とにかく寒いです。
防寒着はスキーやスノーボードが出来るような恰好の下に、更にセーターなどを着込みます。
氷の上に直に座るのも寒いし腰に負担がかかるので、折り畳み椅子も必須アイテムです。
本気の釣り人はテントを持ち込んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする