カワハギ釣りに、安くて効果抜群の自作餌 | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

カワハギ釣りに、安くて効果抜群の自作餌

カワハギの餌で最もメジャーなのがアサリです。
アサリは確かに餌もちが良く、餌取り名人のカワハギには最適と言えると思います。

しかし、アサリの欠点は高価である事です。
また、私の経験では、活性が低い時は、アサリよりオキアミに反応する事も少なくありません。

そこで、オキアミについてのワンポイントです。
オキアミは万能餌である事は言うまでもありませんが、加工してある良い餌(見た目が良く、硬く餌もちが良い)は、やはり高価です。

では、安いブロックオキアミを高価な物と同じ様にできないか、という貧乏精神で色々とテストした結果が次の通りです。

①ブロックオキアミ2kgを自然解凍、

②水を切り、ミリン500mlにオキアミを浸け1晩放置

③オキアミを取出し、ハチミツを全体に絡め一晩放置(ハチミツの量は好みで調整。多くすると固く仕上がります)

以上の方法で、ブロック解凍しただけの物にはない、見るからに美味しそうな光沢と、餌付け・餌もちに適した硬さが得られます。
更に、ハチミツコーティングする事でオキアミの欠点である変色がかなり抑えられます。

私は、一度に2kg程まとめて作り、ジップロック(チャック付ビニール袋)に100g毎に小分けして冷凍保存してます。
100gは、私の経験上の1人/日の使用量です。

通常、100g×2袋(1袋予備)を持って行きます。
現地では、この2袋を1つの大きなジブロックに入れ、更にその中に保冷剤を入れてクーラーボックスに保管し、できるだけ小分けして取り出す事で、夏の暑い時でも餌の劣化を最小限に抑える工夫をしてます。

以上、ご参考になれば幸いです。良いフィッシングを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする