マゴチ釣りのポイント | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

マゴチ釣りのポイント

マゴチ釣りは、ポイント選びが非常に大事です。
マゴチはサラサラとした粒子の細かい砂地が好きで、ヨレや流れの急なところ、かけあがり、岩礁を嫌います。

このような条件を満たす場所は、川の河口に多く集中しています。
海がすぐ見えるような川の河口はポイントとしてよく紹介されていますが、実は内陸に1キロほど上流に行っても、ちゃんとマゴチはいます。
川の河口は色々な釣りのポイントになりやすいため、比較的混雑していますし、荒れた場をマゴチは嫌います。
ですので、少し内陸に入ったところの方が釣りやすくなります。

マゴチ釣りはヒラメの釣り方と同じです。
ルアーが着底したら、竿をクンっと煽って着底、竿をクンと煽って着底の繰り返しが基本的な釣り方です。

マゴチは、危険を察知すると両手を開いて固まる習性があります。
踏まれるような感覚の後、リールを巻く際に「ゴミでも拾ったか?」というような感じがあれば、マゴチの可能性が高いです。
糸がたるまないよう巻きましょう。

引き上げる直前に急にやる気を出してグググっと引っ張られることがありますので、気を抜かないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする