久し振りのアジング!! | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

久し振りのアジング!!

皆さんこんにちは!!

今回は「アジング」をして来ました。
春になると「アジ」が良く釣れる時期になりますね!!

私の住む所では、型物の「アジ」は「春」と「秋」になりますので、今回は「ルアー限定」で「アジ」を狙います!!

<タックル>
ロッド・・・メバル・アジ用のルアーロッド
ライン・・・フロロライン2lb(私はいつもフロロ2lbを使います)
ルアー・・・ワーム各種(ピンテールのクリア系・シャッドのクリア系)
ジグヘッド・・・0.4g~1.5gまでの形状が先のとがった形状の物で、ロングシャンク・ナローゲイプの物

<ポイント>(場所)

①ボトムには海藻等のウィードが生えている場所。

②水路の様に潮の流れが強く効いて、カレントの効いた場所。

<釣り方>
①リアクションで釣る方法

・潮上にキャストし底を取ります。底を取ったら、エギングの様にしゃくり上げラインスラッグを取り、カーブフォール中のバイトを狙う方法。

②食性に訴える釣り方

・軽いジグヘッド(私は0.4g~0.6gを使います)を潮上にキャストし、潮の流れに乗せて漂わせます。(ナチュラルドリフト)

この時、ラインは張らず緩めずの状態にし、ルアーが流れた分だけのラインを巻き取ります。(基本的にリトリーブは行いません)

私は巻かない釣りと呼んでますが。

③オープンでキャストし、ただ巻きで釣る方法

・読んで字の如く、オープンエリアにキャストし棚を切りながら、ただ巻きで釣ります。

<釣り方のポイント>
まずサーチすると言う意味合いで③からスタートし、アジの活性や居る場所を探ります。

アジの居る場所や活性の良い悪いが分かり次第、①をするか②をするかを決めます。

今回の釣行では潮の流れが悪く、アジもサスペンドした状態でしたので、①を多用しました。
もちろんニュートラルな状態のアジにスイッチを入れるためです。

一度スイッチが入ると、スレるまで①で釣れます。
スレたら②を時折入れて釣ります。

また、潮の流れが悪く風がある時でも②を使う事が出来ます。(ジグヘッドは若干重め)
わざとラインスラッグを出しラインを風ではらませ、潮の流れの様な効果を誘発させます。(アタリは取りづらくなりますので、ティップの微妙な曲がり方やジグヘッドの重さを感じ取る事が重要になります)

<釣果>

上記の釣り方で、約20cmの「アジ」が今回は30匹釣れました。

是非皆さんも、テクニカルな「アジング」を楽しんでみては如何でしょうか!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする