マイペースで釣りを楽しむ | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

マイペースで釣りを楽しむ

僕の釣はアジに絞った釣りで、岸壁や防波堤専門しかも浮釣でございます。

何故か?一番醍醐味の有る釣り方で、魚との駆け引きがたまらないのです。
ダイレクトな魚の引き、あの感じは、たぶん皆様も一度やったら止められなく成る事、目に見えております。

僕はこんな釣りをしておりますが、道具には全くこだわっておりません。
どだい、魚は釣り師の道具を見ていませんし、短い竿だからとか長い竿だからとか、また高価な竿だからとか、区別していないと思います。

竿を選ぶのは人間のこだわりだけなのです。
ですからどんな竿を使おうと、その釣り人が納得していればどこで何を使おうが勝手です。

と言う事で僕の釣り方を紹介したいと思います。
僕は大体外房が主体で、鹿島港まで行きます。
そして岸壁が主な釣り場にしております。

これはまず安全であること、それから足場が良い事、トイレやコンビニが近い所に有るようなところ。
そんな所でひっそりと釣りを楽しんでいるわけですから、土・日祝祭日など人出が多くなる時は敬遠をしております。

また、なるべく毎回同じ場所に行きます、それは海の状況がだいたい掴めてくるからですね。
そうなって来れば、魚の行動?も大まかに分かって来ますので、無駄な釣りをしなくなります。

それでは仕掛けの段になりますが、先ほども書きましたが、道具にはこだわっておりませんので、簡単な話、家に有る竿を使います。
まぁ昔と言っても20年ほど前の話ですが、何も知らないでなんだかんだと安い道具をそろえましたので、その中から気に入った物を持ち出してやっております。

今使っている竿は5,4メートルのリール竿、糸は3号で浮は電気浮を使って大を使用して居ります。

針はアジ針の5号から7号を使用、その針に青イソをチョンがけで約3~5メートル先に落としておきます。
肝心の棚は約2,5メートルです。

この位で回遊魚のアジは時間がたてば来てくれますが、どっこい大集団でやってくるのか、それともこじんまりとした集団でやってくるのか、これはアジの気分次第で、いまだにわかりません。

来たら手返しよく、30分から良くて1時間の間に何匹釣るか、コマセが効いていれば魚は長い時間【せいぜい20分ぐらい】そこに居てくれますので、その間の勝負です。

それでも潮の良い時はそのような時間が何度か来ますので、頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする