面白ハゼ釣りへの誘い | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

面白ハゼ釣りへの誘い

5月も半ばとなると、あと一月半ぐらいで関東はハゼのシーズンに突入しますが、今日は少し簡単にハゼの釣り方を書いて見ようかと思います。

このハゼの引きはチョンチョンでも、だいたい釣果は大きくはずれが少なく楽しい釣りです。
ただ大量に(だいたい100匹ぐらい)釣れると、嬉しいやら楽しいやらあとの魚の始末が大変なので覚悟してください。

ハゼは誰にも釣れると言われておりますが、結構気難しい魚ですよ。

釣り方としては「ちょい投げ」や「浮釣」それと「ボート釣り」が合っているのではないかと、でも前半の二種類で説明をさせていただきます。

海でも川や池でも、堤防等からだとこれが一番手っ取り早い釣り方で、お金もかからない釣り方で、ハゼならこの方法でOKです。

「ちょい投げ」は短めの竿で約3~4mにリール付きで、糸の太さは1号でも2号でも手持ちの物でやります。
リールに巻かれている糸で構いません、3~4号の糸でも構いません。

針も手持ちの4~7号くらいの針を段差に付けるか、横に針が絡まないように幅を取って二本付けて、これにアオイソメ(2~4cm)をつけ岸から3~4m位の所(足元でもいいです)に「ちょいとだけ投げ」おいて置きます。

浮釣も似た感じの竿を使って、針も二本付け上下に約15cmばかり差を付け、浮の棚は底から10cmぐらいともう一本の針は底を這うようにして浮の位置を決めます。
錘は浮に有った物を使い、静かな水面で浮が横になれば針は完全に底、そして浮が立っていても水面から沈んで居れば、錘が重すぎるのか、底まで針が達していないと判断をして、浮の上下移動をします。

ほとんどのハゼは底に居ますので、針があまり上に上がらないようにしましょう。
水中は見えませんので、そんな感じでいいのです。

魚が来なければ浮を少し上げたり下げたりすればいい訳ですからね。

あとは魚からの魚信を待つだけ、1匹釣れたらその辺に数度針を落として探ってみます。

また、針が引っ掛からなければ、竿先をゆっくり横の方へ移動してみるのもいいですね。
動きが嫌な魚は、目の前に餌が来れば食べてくれるかもしれませんので。

それをしても反応が無ければ場所をほんの数メートル以上移動してみましょう。

釣り方としてはこれの繰り返しをして、数時間。
海でも川でも潮の満ち引きが有りますので、どちらが良いのか、やってみなければわかりません。

参考まで僕はどちらでもやっており、満潮だから多く釣れると負いう事も無いような気がしますし、反対も有ります。
要は魚と自分の都合が合致した時が一番釣れるのではないでしょうか?
あくまでも自分の都合の良い日時と釣り方で挑戦をするだけです。
魚の気持ちは二の次で考えましょう

あとは安全第一、ゴミ捨て禁止で頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする