エギングはロッドこそが最重要! | 海を見ると魚釣りをしたくなりませんか?

エギングはロッドこそが最重要!

アオリイカやコウイカ、ヤリイカといった高級イカが手軽に釣れるとあって、近年ますます人気となっているエギング。

エギングとは餌木(エギ)というイカ釣り専用の和製ルアーを使った釣りのことですが、エギングは竿が命の釣りといえます。

なぜなら餌木は大きく重く、引き抵抗が強いためです。
エギングは餌木をまるで生きているかのように動かさなければいけないので、竿には強いバットパワーが求められます。
バットとは竿のリールシートから第一ガイド周辺部のことで、ここのパワーが弱いとキレのあるシャクリができず、せっかくの良い餌木も性能を引き出すことができません。

そしてイカは魚よりも身がやわらかいので、掛けてからは竿のやわらかさが求められます。

強さとやわらかさ、エギングロッドには相反する性能を両立していることが重要なため、あまり安い竿を買ってしまうと使い物にならないのです。

いくら安くても、名前も聞いたことのないようなメーカーの竿は避け、有名メーカー品で1万円台以上の一本をおすすめします。
ある程度の品質のものを購入しておけば、エギングのほかにライトショアジギングやワインド釣法にも流用することができるので、結局はとてもお得なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする